LINEの時代でもキャバ嬢は電話営業を選ぶべし

電話はメールよりも印象に残りやすい

キャバクラ嬢には、営業活動というものがあります。
すでにキャバ嬢やっているならわかるはずですけど、指名してくれたお客様などに連絡を入れて、お店に来てもらうようにする行為が営業活動ですよね。
最近は「いきなり電話をするのは失礼にあたる」なんて話も世の中には出てきていて、時代が変わったと大人たちは思っているようですが、そんな世の中になっていても、お気に入りのキャバクラ嬢から電話が来れば、喜ばない男性なんていないはずです。

確かに、メールやLINEだったら相手の都合のいい時にチェックできるから楽ではあるんですけど、電話に勝る破壊力を持つ連絡手段は、やっぱりないんですね。
こんな時代だからこそ、あえて電話で営業活動を行うと、他のキャバクラ嬢とも違う印象を与えることができるし、何よりも「わざわざ電話かけてきてるってことは…?」と、男性の心もウキウキワクワクさせられる効果も狙えます。

相手に強烈なインパクトを残すという意味では、電話を超える手段はありません。
今やLINEの時代ですけど、だからこそ手間をかけて電話で営業活動をかけてみることをおすすめします。

キャバクラでお客さんの携帯番号を聞き出すには?

電話営業を行うためには、男性の電話番号をゲットしないといけませんよね。
「連絡先、教えてもらってもいいですか?」と、単刀直入に聞いてみましょう。
こう聞いて、もし相手がメールアドレスやLINEのIDしか教えてくれないなら、「電話番号はNG」の合図。

もしすぐに携帯電話の番号を教えてくれないのであれば、こちらから伝えるというのもアリ
自分の携帯番号が書かれている名刺を渡して、「ここに携帯の番号も書いてあるので、よかったら」と言ってみましょう。
電話での連絡がOKな男性だったら、この時に携帯電話の番号も教えてくれるはずです。
それでも教えてくれなかったら携帯を取り出して、「今、携帯の番号とか登録しちゃってもいいですか?」と切り出してみましょう。
こう切り出しても、もし「番号はちょっと…連絡はメールで」なんて言われたら、その日は諦めるしかないですね。

ただ、チャンスは1回だけではありません。
何度かお店に来てもらったり、メールやLINE営業で「声が聞きたいな〜」なんてアピールを続けていれば、そのうち携帯電話の番号も教えてくれるかもしれません。
焦らずにその瞬間を待つのも、キャバクラ嬢に求められるテクニックですよ。

営業電話の失敗パターンと成功のコツ

電話で営業をかける時の失敗パターンで多いのが、相手の都合の悪い時間帯にかけてしまうこと。
仕事中や家族・恋人といる時に電話をかけてしまったらアウト。「気の利かない女だ」と思われてしまいます。

それを避けるためには、お客様の情報管理が重要です。
連絡を入れてもOKな曜日や時間帯をしっかりと「お客様ノート」に書いて、それを参考に電話をかけるようにしてください。
あらかじめメールやLINEで、「今何をしているのか」を確認してから電話を入れるのも、一つのポイントですね。

電話をかけたのに無言だったりテンションが低い、これも失敗パターンの一つ。
顔が見えない分、電話はとても難しいですけど、ちゃんと事前に話題を考え、テンションもある程度上げた上で電話をかけないといけません。
しっかりとシミュレーションをしておきましょう。
あらゆる展開を考えて、留守電に繋がった時に何を入れるかも考えながら電話をかけるようにすれば、失敗を防ぐことができますよ。