1番大切!指名に繋げるキャバクラ営業メール・LINEテク

営業感満載なNGメール・LINE

現在、キャバクラ嬢の営業で最も使われているのはメールとLINEです。
文字媒体ということになりますけど、この方法で営業する時には、「営業感」を出さないように注意しないといけません。
洋服屋さんに言った時、「この洋服買ってくださいよー」と店員さんに言われて気分が良くなるお客さんはいませんよね?
それと似ていて、キャバ嬢に「今日来てくださいよー」と露骨に言われても、男性はそこまで嬉しいとは思ってはくれないんです。

もちろん、気になっていたり指名したことのある女の子から連絡が来れば、男性は喜びます。
でも、営業メールやLINEは、「売上を上げるための手段」ということも男性は知っているので、営業感満載になってしまうと、その喜びも半減してしまうんですね。

  • お店に来てください
  • 今日、待ってますね
  • いつ来てくれるんですか?
  • 今月売上ヤバイ

こんな内容のメールやLINEは、基本NGであると思っておきましょう。
プラスして、何人もの男性に同じ内容のメールやLINEを送るのも絶対にNGです。
誰にでも通用するような文面だと、男性は「営業メールだな」と感じ取ってしまいます。
ちゃんと、その人個人に向けた内容を書いて送るのが、営業感を出さないためのポイントになることも押さえておきましょう。

男心くすぐる内容とタイミング気を付けて送ろう

文面は決して営業的ではなくても、内容が素っ気なかったりタイミングを間違えてしまえば、全部台無し。男性を再びお店に呼び込むことはできません。
男性によって心に響く内容は違ってくるので難しいところですけど、すべての男の人が絶対に喜ぶのは「お礼」と「復習」の内容を含んだメールやLINEです。

お礼に関しては、簡単ですよね。お店に来てくれたこと、プレゼントをくれたこと、指名してくれたことに対してお礼を言うことです。
「復習」というのは、お礼には含まれないけれども、お店の中で話した内容や教えてもらったことに対して言及することです。
「この前教えてもらったお菓子食べてみました!」とか、「大きな商談があったんですよね?大丈夫でした?」とか、「今度のプレゼンがんばってください!」みたいな内容だと、またお店に行って何か教えたり仕事のお話がしたいと思ってくれますよ。

タイミングに関しては、ちゃんとお客様の勤務時間などを考慮して送ること。
会社員なら、家族や恋人と一緒にいることがほぼないであろう平日の昼間に送れば大きな失敗にはならないはずですし、気の利く女性だと思ってもらうことができるでしょう。

高確率で返信が来る満点メール・LINE

営業メールやLINEは返事がこないと、あまり意味がありません。
ちょっとでもいいのでラリーが続くことで、「この続きはお店で話そう」という雰囲気が出来上がるわけです。

高確率で返信が来るメールやLINEの内容は、疑問形を含んでいること。
あまりしつこい質問の仕方や脈略のない強引な質問はNGですけど、クエスチョンマークが付いてれば、心理的にそれに答えたくなるので、文章の中に自然にこれを入れることを意識してみましょう。

「さっき街で似たような人を見かけたんですけど、あんな場所にいなかったですよね?」
「昨日夢に出てきましたよ〜、まさか私の頭の中に入り込んだりしてないですよね?笑」
「たくさんお酒飲んでましたけど、お仕事に影響出てませんか?」
など、冗談っぽい内容も含めて、でも自然に疑問形の文章を使っていけば、よほど嫌われていない限り返信が来るはずです。

「こんな内容だと返事が来るんだ」と自分なりに学ぶことも大切ですよ。
男の人によって感じ方は変わりますから、男性ごとにその特徴や嗜好を掴み取っていきましょう。