しないほうがいい?枕営業をするキャバ嬢のリスクとは

枕営業をするキャバ嬢は評判が落ちる

お客様とベッドを共にする、いわゆる「枕営業」。
営業活動の中でも、確実に指名客を得ることができる方法として知られています。
確かに簡単と言えば簡単。一緒に寝てしまえば、その男の人は、とりあえず少しの間は指名してくれるわけですから。
でも、長い目で見ると、あまり良い営業手法とは言えないのかもしれません。

この枕営業を行うキャバクラ嬢は、確実に評判を落とします。
特にお店の人にとっては、やっぱりちょっと厄介な存在と受け取られてしまうでしょう。
トラブルに発展するケースもゼロではないからです。
もちろん犯罪行為ではないけれども、例えば体の関係を持ったことで病気に感染してしまったとか、そんなことになればお店側もそのトラブルに巻き込まれてしまう可能性が出てくるわけです。

「あのお店のキャバ嬢は枕営業をさせて売り上げを稼いでいる」という噂が業界内に立つことも、お店側からしたら、とても厄介。
女の子が勝手にしていることで評判が落ちたら、とんだとばっちりですよね。
純粋に楽しみたくてお店に来ている男の人からしても、枕営業をしているキャバ嬢だと知れば、ちょっと抵抗感を持ってしまうでしょう。

枕営業はキャストからも嫌われる

枕営業は、何よりも他のキャストの女性から嫌われます。
評判を落とすどころの話ではなく、嫌われてしまうんです。
同じお店で働くキャバ嬢に嫌われてしまったら、そのあと本当に大変ですよ。
居心地が悪くなるし、他のお客様に変な噂を垂れ流されたりもするだろうし、そのうちそのお店で働くことができなくなるかもしれません。

一生懸命接客スキルを磨いて指名客を増やしている女の子からすれば、枕営業をしている女の子のことが許せないのでしょう。
確かに、「楽して稼ぐなんて信じられない!」という気持ちになるのも理解できます。

枕営業がNGという明確なルールはなくても、やっぱり多くの人の反感を買ったり違和感を与えたりすることは間違いないので、こうしたリスクを考えれば、簡単に枕営業に手を出してしまうことは控えた方がいいのかもしれません。

枕営業で得た指名は長続きしない

男性は、きっと嬉しいはず、キャバクラ嬢と体の関係を持てるわけですから。
でも、本気で好きなわけではなく、ただただキャバ嬢とHがしたいだけの男の人が大半なんですよね。
そんな男性たちって、キャバ嬢とのHなんてすぐに飽きてしまうものなんです。
飽きたらどうするか、当然他の女の子をハンターしに行きます。
つまり、枕営業でゲットした男性は、あまり長期間指名し続けてくれることはないんです。

男性からしてみれば、わざわざお店に行って高い金額を払って、それで体の関係を持つって、正直割りに合わないんですよ。
同じ金額を使ってHできるなら、いろんなキャバ嬢のところに行った方が飽きないし新鮮だから、って考えるのは自然なこと。
所詮、体だけの関係です。ちょっとでも興味を失われたら、すぐにその男性は離れて行ってしまうでしょう。

長期間指名し続けてもらいたいのであれば、体よりも心をつかむこと、これが人気キャバ嬢になるための鉄則ですよ!